夏合宿

北大鉄研では夏に合宿をして鉄道関連施設を2〜3カ所見学しています。

2016年度は秋田内陸縦貫鉄道(秋田県), 豊橋鉄道(愛知県)に訪問・乗車しました。

北大鉄研合宿の特徴

 北大鉄研合宿の特徴は,現地集合現地解散ということにあります.そのため見学先までは自分で好きな行程を組むことが出来ます.なんの連絡もしていないのに会員同士で出会うと,なんだか嬉しくなってしまうものです.

夏合宿(秋田内陸縦貫鉄道編)

秋田内陸縦貫鉄道を訪問し,鷹巣から角館まで貸切列車に乗車しました.

列車は秋の実りを迎えた沿線の田園風景や,大覚野峠の前後の険しい山々や長大トンネルの中を進み,全長94.2km・所要時間2時間40分の時間を存分に楽しみました.

その後多くの会員は角館の旅館に宿泊し,武家屋敷などを見学する会員も居ました.

ある会員の夏合宿のヒトコマ

(早ナエ)