北大鉄研について

北海道大学鉄道研究会は鉄道に対するあなたの「興味」を「研究」に深められるサークルです。 このページでは、鉄道研究会の活動内容と年間行事について簡単にご紹介します。

普段の活動

北大鉄研では、毎週水曜日の19時から、高等教育推進機構などで「例会」を行っています。 例会は会員がそれぞれの研究について発表する「通常例会」のほか、写真を発表する「写真例会」、鉄道模型を走らせる「模型例会」があります。 例会の後には食事会へ。多くの会員とご飯を食べながら、楽しいひと時を過ごします。

北大鉄研の1年間の行事

新歓ツアー

5月上旬ごろに行われる、新入生を迎えて最初の行事です。 道央のフリーエリア内でJR普通列車が1日乗り放題となる一日散歩きっぷを用いて、JRで遠出します。

楡陵祭

6月初頭には「北大祭」があります。北大祭のメインイベントの1つで最大の規模を誇るのが「楡陵祭(ゆりょうさい)」です。 当会は楡陵祭に参加し、高等教育推進機構内で模型展示、写真展示、学術展示などを行います。

ジンパ

「ジンギスカンパーティー」の略です。北大の伝統行事の1つで、肉や野菜を焼きながらサークルや研究室などの団体内での親睦を深めます。 北大構内で行われるのが一般的ですが、鉄研は北大を飛び出してJRで遠出します。

コミケ

8月と12月には、日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット」に参加します。 当会は会誌「混合列車」を販売。 他大鉄研も集まるため、対外交流の場ともなっています。

合宿・旅行

会員の提案により毎年2~3ヶ所、全国各地で「夏合宿」を開催します。合宿イベントは列車の「貸切」。 現地集合・現地解散で、合宿前後の行程は個人の自由。思い思いの手段で移動します。夏合宿以外にも旅行を企画することも。

忘年会・追いコン

12月には忘年会、年度末には追いコンという飲み会があります。忘年会では札幌市電を貸切電車で一周します。 追いコンは卒業生を送り出すイベントです。

班の紹介

北大鉄研には、会員がそれぞれの趣味を共有し、深められる「班」があります。

模型班

楡陵祭に向けて、ジオラマ制作を行っています。また、模型例会を主催します。

写真班

会員個人が撮り鉄として撮影を行っているほか、楡陵祭で展示する写真や、会誌「混合列車」に掲載する写真の選定を行います。また、写真例会を主催します。

その他

北海道大学鉄道研究会の会員になれるのは、北海道大学の大学生・大学院生だけではなく、他大学,他専門学校の学生・院生の方でも大丈夫です。年齢制限もありません。お気軽にお越しください。 ぜひ、私たちと一緒に北海道、いや、日本、さらには世界の鉄道について調べていきませんか?

北大鉄研について

  • 活動 通年(ただし、9月と3月は例会なし)
  • 例会 毎週水曜日19時から21時
  • 会費 月 1,000 円 年間 10,000 円
    (9月と3月は徴収なし。1年生は4月のみ無料)
  • 連絡先…会についての質問などはこちらまで、お気軽にどうぞ。
    メール  hokudaitetsuken◎gmail.com(◎を@に変えてご送信ください)